株は利益を得ることが目的ですが、利益と損失は常に付きまとっているものです。リターンを追い続けることとリスクを避け続けることは、どちらが大事なのでしょうか?

  • ホーム
  • こんな人は株取引に向いてない

こんな人は株取引に向いてない

投資初心者が抱きがちな発想の1つに、「株価が下がっても売らないようにしよう。
買った値段よりも上がったら売ろう」という考え方があります。
投資を初めて何年も経つのにこうした考え方から抜け出せない人がいるとすれば、その人は投資には向いていないと言えるでしょう。
確かに、買った値段より安く売ってしまえば、利益どころか損失が生じます。
しかし、やや長い目で見た場合、明らかに下落する一方である銘柄に関しては、できるだけ早いうちに売ってしまった方が利益を出しやすいと言えます。

具体例を挙げましょう。
ある会社の株を1株500円で1,000株買ったとします。投資額は50万円です。
そして、その会社に関する大幅な業績悪化や不祥事などの悪いニュースが発生し、その銘柄の暴落が始まったとしましょう。
投資初心者の場合、「いま売ったら大損だ。今はとにかくこらえて、価格が今以上に戻ってから売って、利益を出そう」と考えがちです。

しかし、株価が必ず戻るという保証はありません。
この場合、まずはできるだけ早くこれを売却し、暴落が一段落したらそれを買い戻す、というのが望ましい方法です。
例えば、暴落が始まり、1株420円で売却したとします。
とりあえず、8万円の損失が発生しますが、ここでいったん損を確定させます。
そして、暴落がさらに続くのを見守った後、安値で落ち着くころを見計らいます。

それから、売った銘柄を買い戻します。
例えば、これを1株200円で買い戻したとしましょう。
この後、株価が300円になったところで売れば、10万円の利益が得られます。
最初の損失と合算しても、2万円の利益です。
「買った時の値段以上になるまで持ち続ける」という考えよりも、「下がり始めたら早めに売って、下がり切ったところで買い戻す」という考え方の方が利益を上げられるわけです。