株は利益を得ることが目的ですが、利益と損失は常に付きまとっているものです。リターンを追い続けることとリスクを避け続けることは、どちらが大事なのでしょうか?

株取引における必要な知識

株と一言でいっても「現物取引」と「信用取引」の2種類があります。
現物取引というのは、手持ちの現金(元金)の分だけ購入・保有するというもので、例えば100万円の元手で100万円の株を買い保有するというものです。

一方、信用取引というのは資金や株式を担保に証券会社からお金を借りて株の売買をすることができます。
元金以上の金額の銘柄を買うことができるのです。その額は最大で資金の3倍まで買うことができます。
つまり100万円の保証金で300万円まで投資することができるのです。

また、信用取引の大きな特徴は「売り」ができることです。
通常、現物取引の場合は、買った値段より株価が上がって売ることで利益を手にすることができます。
しかし、信用取引では高値の時点で売りに入り、値段が下がったら買い戻し、その差額を利益とすることができます。

これを「空売り」と言います。
ただし、一般的に素人は信用取引に手を出すのは危険と言われます。
その理由は、信用取引はお金を借りているため返済期限があります。その期限は6か月です。
6か月経ったらどれだけ損失が出ていようと、証券会社に返済しなければなりません。

また、「追い証(おいしょう)」と呼ばれる「追加で支払う保証金」が発生することがあります。
信用取引の場合は保証金最低維持率というものがあり、その時々の株価によりその金額は変動します。
株価が急激に下がると保証金最低維持率を保持するために追加で保証金を払わないといけなくなり、できない場合は証券会社が自動的に決済して損失を確定してしまいます。
現物取引の場合は株価が下がっても上がる日を待って何年でも保持し続けることができますが、信用取引は決済期限が決められているため危険と言われるのです。

投資についての情報や知識を身につけつつ、イーキャピタルやファーストリッチ投資顧問などの投資顧問を使い、安全に資産運用する方法があります。
株についての情報や助言を得られるサービスがあるので活用してみても良いでしょう。
また、そういった投資顧問選びも今後の株生活を左右してきます。
まずはイーキャピタルやファーストリッチ投資顧問の噂や口コミを調べて見るところから始めるのが安全ですね。