株は利益を得ることが目的ですが、利益と損失は常に付きまとっているものです。リターンを追い続けることとリスクを避け続けることは、どちらが大事なのでしょうか?

  • ホーム
  • 株投資は報告書を参考、JR東海は好調が持続

株投資は報告書を参考、JR東海は好調が持続

上場会社は様々な形の報告書を公表していますから、株に投資する際にはそれを参考にしていきます。
例えば有価証券報告書です。
これには財務的な数字がいろいろと報告されていますが、この中では大株主の欄がためになります。

例えば複数の日本の最大手メーカーが大株主になっているような企業は、それらの大企業と安定した取引関係にありそこに投資しても安全な事がわかるからです。
なお報告書の一つに、これを簡略化し、表にしたりビジュアル化した決算説明会用資料というものがありますが、こちらは見やすいので先にこれを参照するとわかりやすいです。
なお、JR東海のような鉄道会社の場合は、鉄道事業法という法律の規定で、安全面にどう取り組んでいるかという安全報告書を作成し、公表しなければならないと定められていますので、鉄道会社に投資する際にはこれも合わせて参考にします。

そのJR東海は、全国的にビジネスが好調で国内出張客が多いことや、外国人観光客のインバウンド需要で乗客数も良く、2015年は運輸収入が過去最高、純利益も過去最高益となりました。
現在の株価も高値を維持しています。
JR東海は交通機関だけではなく、関連会社として旅行会社やホテルもありますので、それらも合わせて高利益です。
また、現在の東海道新幹線に加えて、今後はリニアモーターカー、リニア中央新幹線が期待できます。

もうすでに工事に入っていますので、建設の様子が目に見えるようになってくるとますますプラス材料です。
リニア中央新幹線は、現在の東海道新幹線と合わせてリスク分散になるというメリットもあります。
さらに数年後には東京オリンピックも控えています。
外国からの来日数はますます増えてきますし、今後も株価がさらに高くなっていくことが期待できます。